企業のメンタルヘルスの対策を図るならコンサルティングで業務の改善をご支援する【フィーリッチ】へ~ストレスチェック制度の概要~

企業のメンタルヘルスに関することは【フィーリッチ】へ~アンガーマネジメント研修にてメンタルヘルス対策をご支援~

企業のメンタルヘルスに関することは【フィーリッチ】へ~アンガーマネジメント研修にてメンタルヘルス対策をご支援~

企業メンタルヘルスに関することは【フィーリッチ】へご相談ください。【フィーリッチ】は個人様・法人様に向けてアンガーマネジメントの講座・研修を実施しております。

厚生労働省がメンタルヘルス対策に力を入れている今、メンタルヘルスの対策を図ることは企業の喫緊の課題といえます。アンガーマネジメントの浸透はメンタルヘルス対策として有効な手段です。メンタルヘルス対策の一環として、ぜひアンガーマネジメントの研修の利用をご検討ください。

企業のメンタルヘルスの対策を支援する【フィーリッチ】はマネジメント経験を活かしたコンサルティングで改善に導きます

企業のメンタルヘルスの対策を支援する【フィーリッチ】はマネジメント経験を活かしたコンサルティングで改善に導きます

企業のメンタルヘルスの対策を支援する【フィーリッチ】は、企業コンサルティングのご相談も承っております。【フィーリッチ】のコンサルティングでは、自身の組織マネジメントの経験を活かし、第三者の目線から経営をご支援いたします。

コンサルタントの力を借りたいとお考えの方は、ぜひご相談ください。各種研修やコンサルティングに関する疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

メンタルヘルス対策の一環!ストレスチェック制度とは?

労働におけるメンタルヘルスの重要性が見直されつつある今、政府は一定以上の規模を持つ企業に対し、ストレスチェックの実施を義務付けています(ストレスチェック制度)。

これは、平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」によるものです。ここでは、ストレスチェック制度の概要について簡単にご紹介いたします。

◇ストレスチェック制度の目的

ストレスチェック制度の目的は、労働者のメンタルヘルス不調に対する「一次予防」です。ストレスチェックを定期的に行い、早めにメンタルヘルスの状態を確認しておけば、事態の悪化を未然に防ぐことができます。もしこのチェックに引っかかった場合は、作業の転換や労働時間の短縮をはじめとする、様々な改善が企業側に講じられます。

◇注意!ストレスチェック実施の義務は「全ての企業」が対象

ストレスチェック実施の義務は「一定の規模を持つ企業が対象」と先述しましたが、厳密には全ての企業が対象です。あえて「一定の規模を持つ企業」と記述したのは、従業員50名未満の事業場については「努力義務」に留まるためです。

努力義務とは、法律で義務付けられていながらも、違反の際に刑事罰や過料等の法的制裁を受けない義務のことを指します。しかし、罰則がないからといって実施しないわけにはいきません。なぜなら、法律で義務付けられた紛れもない義務であり、また、ストレスチェックを怠ったことで取り返しのつかない事態を招く恐れがあるからです。

「怒り」という感情は従業員のメンタルヘルス不調を招くものです。アンガーマネジメント研修を受講し、事前にメンタルヘルス対策を図ってはいかがでしょう。

お役立ちコラム

企業のメンタルヘルスのことは【フィーリッチ】へ

屋号 フィーリッチ(Feel Rich)
住所 〒860-0044 熊本県熊本市中央区水道町4-1アートビル 4F-C
TEL 070-6574-2607(池田)
URL https://www.feelrich.jp