アンガーマネジメントのことは【フィーリッチ】へ(経営に関するコンサルティングにも対応)~アンガーマネジメントが企業を守る~

アンガーマネジメントは【フィーリッチ】へご相談を
~アンガーマネジメントの研修やコンサルティングに対応~

アンガーマネジメントは【フィーリッチ】へご相談を~アンガーマネジメントの研修やコンサルティングに対応~

アンガーマネジメントについて学ぶなら【フィーリッチ】へご相談ください。

【フィーリッチ】では、アンガーマネジメントの研修やコンサルティングを行っており、ビジネスメールのマナーが学べる研修も実施しております。

アンガーマネジメントに関することは【フィーリッチ】へ
~アンガーマネジメントの浸透をサポート!~

アンガーマネジメントに関することは【フィーリッチ】へ~アンガーマネジメントの浸透をサポート!~

アンガーマネジメントの浸透を図りたい企業様は、ぜひ【フィーリッチ】へご相談ください。

【フィーリッチ】の担当講師は「一般社団法人日本アンガーマネジメント協会」の資格を保有しており、研修においては実体験に基づいた理論を詳しく解説いたします。内容や費用に関する疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

アンガーマネジメントが企業を守る
~その理由とは?~

アンガーマネジメントは怒りをコントロールするスキルのひとつですが、組織にアンガーマネジメントを浸透させることは企業を守ることに繋がります。ここでは、その根拠についてご紹介いたします。

◇離職のリスクを軽減できる

上司が怒りのコントロールをできていなければ、部下に対して当たりが強くなりがちです。こうした状況は、部下側から上司に対する不信感を募らせることになり、また、会社全体の雰囲気を悪くしてしまいます。場合によっては、人間関係に疲れたという理由で貴重な人材の離職を招くかもしれません。アンガーマネジメントを浸透させ会社の雰囲気を良くすれば、人間関係を理由とする離職のリスクを軽減できます。

◇コンプライアンスの徹底に繋がる

企業の不祥事が相次ぐ中、世間の企業コンプライアンスに対する目は厳しくなっています。「怒り」という感情は様々なハラスメントを引き起こすものです。例えば、怒りに任せた過剰すぎる叱責はパワハラに該当し、異性の部下に対し不快感を与えるような言動・行為はセクハラに該当します。アンガーマネジメントが浸透すれば、こうした怒りによるハラスメントを未然に防ぐことができます。

お役立ちコラム

アンガーマネジメントに関することは【フィーリッチ】へ

屋号 フィーリッチ(Feel Rich)
住所 〒860-0044 熊本県熊本市中央区水道町4-1アートビル 4F-C
TEL 070-6574-2607(池田)
URL https://www.feelrich.jp