【AM】2017怒られたい著名人第一位は…

6月6日は「アンガーマネジメントの日」です。
ニューヨークに本部を置くナショナルアンガーマネジメント協会唯一の日本支部である一般社団法人日本アンガーマネジメント協会は、理念である「怒りの連鎖を断ち切ろう」という想いを伝えることが目的です。怒りの感情のピークが「6」秒であることと、怒りを日本では「ムカムカする」と表現することもあるため、ム(6)カ ム(6)カの語呂合わせから6月6日に制定しています。


この6月6日を前に、全国1,000人を調査対象とした“怒り”のビッグデータが本日発表されました。この人になら「怒られたい著名人」第1位は、2015年、2016年の調査に続き、3年連続で

マ ツ コ ・ デ ラ ッ ク ス さん が選出されました!

第2位以降も、「なるほど…」という著名人の名前が並んでいます。
(わたしは3位の人に怒られたいです。)

第10位までの著名人のランキング、理由や分析の詳細などはこちらでご覧いただけます。
https://www.angermanagement.co.jp/pr20170601

また、併せて行った調査で、「多くの人は“怒り”の感情を抱えており、相手に攻撃的になることは多くない反面、“怒り”の感情を上手く表現できず、自分の中に溜めこんでしまっている」という分析結果が出ました。

この調査の詳細結果も、こちらでご覧いただけます。
https://www.angermanagement.co.jp/pr20170601

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会代表理事 安藤俊介氏の考察もお読みいただけますので、ぜひご一読ください。

余談ですが、マツコがテレビに出始めたとき、娘が「なんかこの人ママに似てる~(笑)」と言い出して、軽くショックを受けたことがあります。もちろん、コメントのタイミングや内容の話で、顔や体型ではなかったです。自分が気づいてないだけで結構太ってる!?と思ってショックでしたが。(^_^;)

自分に引き寄せて考えると、マツコさんはきっとこういう怒り方をしていると思います。

・キレイゴトは言わず、現実的でありながら的確なコメントをする
  ⇒安易に「頑張れば何でもできる」とか「あきらめなければ夢はかなう」とか言わない
   ツッコミドコロ、反論の余地がない言葉選びをしている

・自分の価値観を押し付けず、相手の可能性、成長を信じる温かさ

  ⇒現実的に見て、相手のためになりそうな具体的な提案はするけど、最終的な決定権は相手にゆだねる
   「わたしは~と思うわよ~、いや、あたしはね!」「あなたが自分で決めればいいわ」とよく言う

他にも間合いの取り方がうまかったり、雑学が豊富で尊敬できる面がチラチラ見えたりしますが、
「自分と他人を切り離して程よい距離感が取れる」「相手を尊重する」ことができているからではないかと思います。

マツコさんが意識的にやっているかは、わかりませんが、こういうポイントを意識すれば他の人も真似できると思うんですよね。もちろん、他にもポイントや言葉の選び方はありますし、ノンバーバルな部分はなかなか改善が難しいところですが、トレーニングすれば、する前よりは必ずできるようになります。

その前に、まずは自分が余裕を持った状態でいることがなによりも大事です。
あなたもアンガーマネジメントに取り組んでみませんか?